税理士資格が注目される理由

みなさんのなかには「資格マニア」の人も少なくないでしょう。
資格試験によっては受験資格の制限がないものもあるため、資格取得に挑戦しやすいメリットが多いでしょう。
一方、一定の条件をクリアしないと受験資格が認められないものも存在します。
また、試験に合格するだけでなく、一定期間の研修が求められる資格があることも知っておきましょう。
税理士資格もそのひとつです。
こちらの資格を得るためには、税理士試験(全5科目)の合格と、2年以上の実務経験が必要です。
ただし、科目別合格ができるほか、実務経験年数に試験合格の前後を問われないことが大きな特徴です。
さらに、科目免除の対象になる場合もでてきます。
税理士は税金のプロであり、転職を目指す場合も大変有利です。
また、年齢に関係なく取得を目指せることも大きな強みではないでしょうか。
公認会計士の資格があれば税理士業務ができることはよく知られていますが、弁護士から税理士になることもできます。
なお、税理士の仕事をするには、日本税理士会連合会の税理士名簿への登録が不可欠ですので、税理士を目指す人はきちんと把握しておきましょう。